運営者情報

こんにちは。「ゆけむりブログ」を運営している、ゆけむりです。

この記事では、ぼくの過去から現在までを包み隠さず赤裸々に語らせていたただきます。

 

まずは簡単にぼくのプロフィールをご覧ください。

運営者:ゆけむりの簡単プロフィール

  • 年齢:20代後半
  • 経歴:大学卒業→ベンチャー企業入社→病気で退職→ブログとWebライター開始→ブログ専業(現在)
  • Twitter:フォロワー数7,000人超
  • 特技:Googleで検索順位1〜3位を量産すること

 

それでは次の章からは、ぼくがずっと公言を避けてきた、会社員時代から独立に至るまでのストーリーを赤裸々に語らせていただきます!

ブロガーやWebライター志望の方には、ちょっぴり有益な情報も盛り込まれています◎

※ちょっと長めの文章ですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

会社員時代

ぼくは2019年末まで、会社員として働いていました。

会社はいわゆるベンチャー企業で残業は当たり前、人間関係はギクシャクしているような環境でした。

はっきり言って、ブラック企業でした。

 

会社にいくと、定時には終わるはずのない仕事量、上司からの監視の目、達成難易度SSランクのノルマ、競争心丸出しの同僚などにより、許容範囲を遥かに超えてしまうほどのストレスに毎日押し潰されそうになっていました。

 

実際、毎日が限界寸前で、常にギリギリで首の皮一枚が繋がっているような状態だったと思います。

 

仕事が終わると、会社近くのコンビニに駆け込み、「菊水(180ml)」を購入。

それを会社の最寄り駅までに、がぶ飲み。

続いて、自宅近くのコンビニでもスト缶ロングを2本買って、自宅近くの公園でがぶ飲みするという異常な悪習慣を繰り返していました。

 

当然、このときは副業も学習もなにもしていませんでした。

 

そんな廃れた生活をしていると、心が擦り減ってくるもので、日に日に精神に異常をきたすようになりました。

 

仕事をしていても、なにも頭に入ってこないし、上司になにか言われてもすぐに忘れてしまう。

仕事帰りには、ふとした時に涙が溢れてきたり、「もう人生どうでもいいや」なんて思ってしまったり。かなりギリギリだったのだと思います。

 

そしてある日限界がきました。

通勤途中で突然前に進めなくなったんです。会社へ向かう道のりで一歩踏み出す勇気がなくなってしまったんです。

ふと気づくと、目からは涙が溢れ出ていました。

ここで初めて、「あ、自分はもう限界だったんだ。もう仕事は頑張れないや。」と自覚できました。

 

そして、さすがに怖くなり心療内科へ直行しました。

診断結果は「適応障害」。

他にも、睡眠障害、抑うつなど様々な症状を告げられました。

そうです。ぼくはこのとき重度の精神病を患っていたのです。

 

頑張ろう、頑張ろうと努力はしていたけど、「みんなやってる。自分も頑張らなきゃ」と耐えてきたけど、気づいたら病気になっていました。

 

そのとき医師に言われた「明日から会社には行かないでください」という言葉を聞いた瞬間、安心感やら喜びやら解放感で涙が洪水のように溢れてきたのを今でも覚えています。

 

そして、この強制的な会社員人生の引退がぼくの人生を大きく変えてくれる転機であり、ターニングポイントになりました。

 

会社を辞めて独立

会社を適応障害で退職後、半年近くは自宅療養という名の廃人生活を送っていました。

家に引きこもり、1日の大半を睡眠に費やし、起きてる間はずっと布団の中でぼーっとするか、アニメを観るだけ。

 

そんな生活をしていると、ストレスが皆無なので、半年後には完全に病気も完治。そろそろ何か始めたいな〜なんて考えるようになりました。

そこで思いついたのがブログでした。

 

忘れもしない2020年5月21日。ぼくはブログを開設しました。

とはいえ、その頃は貯金も尽きて、金欠を極めていたので、「まず金稼がなきゃまずい!」と思って、Webライターも両立して目指すことにしました。

 

しかし、Webライターといっても、実務経験や実績があるわけではなかったので、まずはSEOを勉強して、実績作りのためにクオリティ重視のブログ記事を20本執筆してみました。

 

「でも仕事の取り方わからん!」ってなったので、クラウドソーシングに登録してみましたが、文字単価低すぎるし、評判悪いしで選択肢から除外。

 

そうこうしていると、クラウドワークスが運営しているクラウドテックという副業・フリーランス専門の求人サイトを見つけたので、期待ゼロで使ってみました。

 

しかし、運がいいことに、文字単価1.5円で初月8記事のライター案件を獲得できました。

相場でいうと、初心者ライターは文字単価0.5円くらいのはずなので、かなりのラッキーパンチでした。(もちろん初めはダメ出しの連続でした)

 

しかも、翌月からは文字単価が2.5円に上がり、月20記事の継続案件をいただけるようになりました。

つまり、この頃にはWebライターとして月20万円近くの収入を得られていました。

 

正直、このときは有頂天でした。

独立してすぐに「個人で稼ぐ」を体現できたのは嬉しかったです。

 

とはいえ、本命のブログの方はいつまで経っても収益ゼロ。アクセスすらこない状態だったので、焦りはありました。

 

心の中では「ああ、このままWebライターとして生きていくのかな。でも、本音を言うと、ブロガーとして広告収益でノホホンと生活したいな」なんて思っていました。

 

しかし、ブログ開設から半年経過しても収益はゼロ。

なんとかせにゃいかん!と思って、一旦ゼロに立ち返ってみることにしました。

ブログで生活できるように

ブログ開始から半年が経過し、一旦ゼロに立ち返ってみました。すると、わかったことが2つあります。

 

  1. まともにキーワード選定をしていなかった
  2. 収益化の導線が少なすぎた

 

というわけで、これらを改善するために鬼作業を開始。

 

すると、徐々にアクセスが伸び始め、広告収益も発生。

8ヶ月目には月収5万円。12ヶ月目には月収10万円を達成することができました。

 

この時点で、Webライターを辞めて、ブログだけでもギリ生活できる状態になり、16ヶ月目にはブログ月収が30万円を超え、本格的にブログだけで生活ができるようになりました。(ギリギリですが、、)

 

文章で書くと、割と良いペースでラクラク稼げるようになったんだな〜なんて思われてしまいそうですが、正直いって死ぬほどきつかったです。

Webライター案件をこなしつつ、ブログを書く。書くだけではなく、知識を入れたり、分析、試行錯誤その他全てをやっていたので、この2年の記憶がぶっ飛ぶくらいには大変でした。

 

それでも独立して、ブログとWebライターをやってきて本当によかったと思っています。

 

最後に

ブログは時間がかかります。月収5万円なら最低でも1年。

しかし、それを乗り越えれば、無理のない作業だけで安定した収入を得られる基盤を手に入れることができます。

 

そして、下の記事ではそういったブログ収入を得たい方に向けて、「最短1年でブログ月収5万円を稼ぐアフィリエイトロードマップ」無料で公開しています。

 

はっきり言って、他のブロガーさんが表では絶対に言わないような情報や、有料コンテンツにしか載せないような情報も盛り込んでいます。

ぼくが3ヶ月近くかけて作った本気の記事なので「必ずブログで稼ぎたい!」という強い意志のある方のみご覧ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。